[保健室]熱中症に注意しましょう。


熱中症は、高温多湿な環境に身体が適応できないことによって発症し、めまい、倦怠感、けいれんや意識障害などの症状が起こります。

今年は、新型コロナウイルス感染症予防のために常日頃からマスクをしているので、体内に熱がこもりやすくなる傾向にあります。また、マスク内の湿度があがると喉の渇きを感じづらくなりますので、熱中症になるリスクも高まります。

以下の点に気を付けて、熱中症を予防しましょう。

 

<日常生活での注意事項>

①暑さを避ける(エアコンの利用、換気、日傘、帽子等の利用)

 

②服装の工夫

通気性の良い涼しい服装を選びましょう。

 

③適度にマスクを外しましょう。

屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外しましょう。

また、黒いマスクは太陽光を集めやすく、表面温度が高くなることで熱中症の危険性が高まる可能性があります。用意できる人はなるべく白に近いマスクの使用を心がけるようにしましょう。

 

④しっかり睡眠をとる。

 

⑤こまめに水分を補給する。

運動前は予め、水分を補給しましょう。たくさん汗をかいた時はスポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給しましょう。

 

⑥体調を考慮して行動する。

熱中症の発生は、その日の体調が影響します。前の晩にお酒を飲みすぎたり、朝食を抜いた状態で暑い所に行くことは避けて下さい。また、風邪で発熱していたり、下痢症状がある人なども熱中症を起こしやすいので、その日の体調を考えて行動して下さい。

 

熱中症になった時の対応等、詳しくは下記のホームページを参考にして下さい。

■環境省 熱中症予防情報サイト https://www.wbgt.env.go.jp/

■消防庁 https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html