就職支援プログラム(KIU-SPICE)


就職支援プログラムについて

キャリア支援室では、4年間学んだことを社会において役立てるために万全の体制を整えており、さまざまな支援プログラムを積極的に展開しています。

就職活動支援講座(9月~翌年3月)
就職活動に必要な基本的スキルを高めるため、自己分析、筆記試験対策、履歴書の書き方、企業・業界研究、面接対策等を夏季休暇前から就職直前期まで実施します。
ゼミ出前講座(4~5月)
3年生のゼミにて、現在の雇用情勢や就職活動の基本事項をレクチャーします。併せて、進路登録カードの記入やモバイルメール登録、就活ナビ登録など就職活動に必要な手続きを行います。
未来デザイン工房【OB・OGによる講演会】(6月)
就職に対するモチベーションを高めるため、様々な業界よりOB・OGを講師に招いて講演会を行います。
ビジネスマナー対策講座(7月・11月・翌年1月)
プロの講師による、ビジネスマナー対策をテーマ別(インターンシップや会社訪問等)に実施します。
就職試験対策テスト(12月)
筆記試験対策を有効に行うため、現時点の実力把握を目的にしています。就職試験で出題される一般常識や言語・非言語問題を本番形式で実施します。参加者には「最重要頻出問題集」を配付します。
リクナビ活用講座(翌年2月)
就活ナビの活用術はもちろんのこと、昨年より導入されたオープンエントリーについての概要説明も行います。
自己分析対策セミナー(10月)
自己分析・他者分析を軸に、自分の長所短所の見極めを実践的に行っていきます。エントリーシートや履歴書作成の基になる大切なセミナーです。
筆記試験対策講座3日間集中(11月)
筆記試験を突破する実力を確実に身に着けることができる講座です。プロの講師が集中的に講座を行います。
履歴書・ES作成セミナー(10月、11月、12月)
選考通過レベルまで、履歴書等を自身で仕上げることを目的に、同じ環境下の学生の事例を添削しながら、人事の目線で指導していきます。最終的には履歴書・エントリーシートが各自で作成できるようになります。
就勝ステップアップ合宿(翌年2月)
就職戦線に備え、1泊2日の合宿を実施します。グループディスカッション、グループ面接、個人面接等の各種面接対策に重点をおいた実践的なプログラムを実施します。
面接対策実践セミナー(翌年1月、2月)
採用試験におけるグループ面接の対策を行います。本番さながらに、入退室時マナー、挨拶、表情、話し方など好感が与えられるように指導します。さらに、様々な質問に対応できるように、企業人事担当者の目線で確認していきます。
女子力UPセミナー
プロの講師によるマナー・メイクアップ講座を実施します。内面・外面ともに魅力ある女性になって自信をつけて就活に臨むための実践講座です。
学内業界研究セミナー(12月)
様々な業界の人事担当者を招いて開催します。就職活動を本格的に始動する前に、業界・企業研究は必要不可欠です。

 

“KIU-SPICE” -自らが考え行動する、自立した社会人を育むキャリア形成支援-

KIU-SPICEは、「Kyushu International University Support Program In Career Education」の略称です。
この取り組みは、学生の多様化が進む中での大学教育の質的保証を図り、学生の主体的人格形成による学士力を含む社会人基礎力の確保を目的に、文部科学省が財政支援を行う「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムに平成21年度から採択。平成24年度まで実施しました。

キャリア教育は正課授業とし、学生に自己発見の機会と新鮮な刺激(スパイス)を与えるための講義(理論)、模擬試験(基礎学力)、ワークショップ及びインターンシップにより構成されます。キャリア形成支援の実効的対策として、既卒者も対象に元企業人事採用担当者を就職アドバイザーに起用した「就職なんでも相談」や、モバイル情報システムにより就職活動を支援いたします。
これらの取組は、本学の教育理念である「理論と実践両面に明るい人材養成」を具現化したもので、学士力を見据えたキャリア教育の実効的実現を可能にするものです。

「キャリア形成支援プログラム」のご案内用パンフレットは、下記の画像をクリックして下さい。

kiuspice_sum

※新規ウィンドウで開きます。
※当コンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Player が必要です。閲覧時にFlash Player プラグインのインストールが開始される場合があります。

■旧バージョンのパンフレットは、下記よりご覧頂けます。

kiuspice_sum2012 kiuspice_sum2011 kiuspice_sum2010
2012年度 2011年度 2010年度