留学生のみなさんへ


学生支援室は、留学生の修学に関する相談窓口です。
大学生活で困ったことがあれば、利用をしてください(場所:3号館1階)。

メールボックス
3号館1階にあります。
大学からの大切なお知らせや、本学に送られてきた留学生のみなさん宛の手紙は、メールボックスに届きます。来学時には毎回確認をしてください。
KFCカード
在籍状況などの確認のためのカードです。月1回KFCカードにサインして、学生支援室に提出してください。住所変更、携帯電話変更の場合は別途変更届を提出してください。用紙は学生支援室にあります。
在留資格について
出入国管理法及び難民認定法外国人登録法等の法律により、留学生は在留期限の更新、在留資格の変更、資格外活動の許可、再入国許可等などの申請を行わなければなりません。

法務省入国管理局 出入国に関する法律のホームページ

在留資格「留学」は、在留期間が6ヶ月、1年3ヶ月、2年3ヶ月のいずれかであることから、在留期限の3ヵ月から10日前までに入国管理局での更新手続きを行い、その後に、外国人登録を行う必要があります。
留学生が日本から出国するときには、必ず入国管理局で再入国許可の手続きをしてください。また、出国時には必ず学生支援室へ届けてください。
詳細については、「在留の手続き」を確認してください。

アルバイトに関する指導
留学生が、経済的困難や日本語の習得及び日本社会の理解を深める等の理由からアルバイトをする場合、入国管理局で資格外活動の許可手続が必要です。また、時間・職種の制限もあります。これらに違反すると、在留資格が取り消されることもありますので注意してください。
詳細については、「生活面について」を確認してください。
国民健康保険
日本に1年以上在留する外国人は、全員が国民健康保険に加入しなければなりません。
なお、国民健康保険証の貸し借りは絶対に行わないでください。
詳細については、「生活面について」を確認してください。
学費減免
本学では、私費外国人留学生授業料減免に関する規程に基づき、経済的理由により修学が困難な学生に対し、入学時は一律40%、その後、学期毎の成績等により、50%を限度として減免を行なっています。


学部私費外国人留学生の
授業料減免に関する規程

(PDF形式、161KB)

奨学金
留学生向けの奨学金としては、次のものがあります。
募集時期などについては、3号館1階の留学生掲示板に掲示します。

その他の手続き
・住所や電話番号の変更
引越しや、携帯電話の番号を変えたときは、「外国人登録証」と「国民健康保険証」の住所を変更するために区役所に届け出なければなりません。
学生支援室に新しい住所と携帯電話番号を届けてください。また、母国のご両親に伝えると同時に、銀行や郵便局、携帯電話会社も忘れずに住所変更を届けてください。