留学


多彩な留学制度

世界とつながることで、広がる視野と可能性があります。異なる文化や価値観に触れることは、飛躍と成長の糧。九州国際大学では、さまざまなサポート体制で学生の国際交流を応援しています。

交換留学制度 -在学したまま海外で学ぶ-

ryugaku003半年又は1年間、協定校に留学できる制度です。留学先の大学では、興味のあるテーマに沿った科目を受講、取得した単位は本学の単位として読み替えることができるので、4年間での卒業が可能です。
本学が海外の大学と締結する学生交流協定に基づいて交換留学をした学生、および留学する学生に関する規程第2条に基づき協定校以外の海外の大学等に認定留学した学生については、留学先での学修の成果に対して、本学学則第36条および留学する学生に関する規程第8条に基づき、1年間の留学について48単位を上限として換算認定されます。半年の留学についても24単位を上限として換算認定を行っています。
日本語以外の言語で授業を受けることは大変ですが、だからこそ身に付くこともあり、言語はもちろん歴史や自然、さらに海外の現状やビジネスの現場を知ることもできます。卒業生の中にはこの留学をチャンスに、海外企業に就職して活躍している人もいます。

交換留学先と派遣・受入人数(定員)・期間
毎年度、本学から1人または2人の学生を各協定校に派遣し、同じ数の留学生を受け入れています。費用に関しては、本学に学費を納めることで留学先の授業料は免除されます(渡航費・滞在費・光熱費・パスポート取得費用などは本人負担となります)。

交換留学先教育機関 所在地 人数 期間
東北財経大学 中華人民共和国・大連市 1名 1年間
遼寧大学 中華人民共和国・瀋陽市 1名 1年間
東亜大学校 大韓民国・釜山市 2名 1年間
漢陽大学校 大韓民国・ソウル市 2名 1年間
高麗大学校 大韓民国・ソウル市 2名 半年間
霊山大学校 大韓民国・釜山市 2名 半年間
インドネシア大学 インドネシア・ジャカルタ市 1名 1年間
南開科技大学 台湾 1名 半年間
高雄餐旅大学 台湾 2名 1年間

 

海外派遣学生数(平成29年5月1日現在)
交換留学先教育機関 所在地 人数
東北財経大学 中華人民共和国・大連市 0名
遼寧大学 中華人民共和国・瀋陽市 1名
東亜大学校 大韓民国・釜山市 2名
漢陽大学校 大韓民国・ソウル市 2名
高麗大学校 大韓民国・ソウル市 0名
霊山大学校 大韓民国・梁山市 1名
インドネシア大学 インドネシア・ジャカルタ市 1名
南開科技大学 台湾 0名
高雄餐旅大学 台湾 0名
応募資格
本学に半年以上在籍し、成績および語学力の選考試験にパスすること。学部に関係なく誰でも応募できます。

アメリカ認定留学制度 -約半年間、アメリカの大学で語学力を磨く-

ryugaku002アメリカの大学におよそ半年間留学できます。留学先の学費相当額の補助があるほか、取得した単位は本学の取得単位として認定されます。現代ビジネス学部の学生が対象で、選考試験があります。留学先で取得した単位は最高48単位(半年の場合は24単位)まで本学の取得単位として読み替えるため、4年間での卒業が可能です。

 

ホスピタリティ留学 -観光ビジネスをグローバルに学ぶ-

台湾の国立高雄餐旅大学で半年、本格的なホスピタリティの知識とノウハウを学びます。現代ビジネス学部の学生が対象です。

 

海外社会実習 -ボランティアなど貴重な体験ができる-

kokusai02主にアジアの国を訪問先とする、海外へのスタディツアーを実施しています。ベトナム戦争の激戦地を見学したり、海外のNGO・NPOと交流するなど、普通のツアーでは決して経験できないことばかり。このツアーが国際協力を真剣に考えるきっかけになるなど、真の国際人の育成にひと役かっています。

 

海外語学実習 -ホームステイが楽しい-

ryugaku001長期休暇を利用して、ホームステイや大学寮で生活しながら語学を学びます。現地の大学生との交流も楽しみ。行き先はアメリカ、イギリス、カナダ、フィリピン、台湾、韓国などです。ホストファミリーとの心あたたまる交流は、一生の思い出になります。参加費用の奨励金制度もあります。

 

 

学内留学生数

※平成29年5月1日現在

所属 学部生 大学院生 交換留学生 総計
ベトナム 52 52
バングラディシュ 1  1
韓国 5 2 7
ネパール 17 17
ロシア連邦 1 1
台湾
中国 46 2 2 50
総 計 122 2 4 128