九国大の教育スタンダード


feature_image01

4年間の大学生活を充実させるためには、いかに早く大学に慣れるかがカギとなります。それを支援すべく入学直後から一人ひとりに向き合う丁寧な指導は、少人数の九国大だからできること。徹底した初年次教育が、学生を大きく成長させるスプリングボードになります。

 

大学の学習スタイルを一から学べる!

入門セミナー

講義を自分で選んだり、空き時間があったり…。高校とは異なる大学のシステムに早く慣れるために、九国大では「初年次教育」に力を入れています。その核となるのがゼミ。最大でも15人程度の学生と先生という少人数の入門セミナーを拠点としながら、大学の学びや生活にスムーズに移行することができます。

 

少人数教育ならではの、きめ細やかなサポート

担任・副担任制度

担任制度を導入し、少人数教育を、より充実したものとしています。とくに1年生のゼミでは副担任グループとして職員を配置するほどの手厚さです。ゼミの担当教員は年間を通して複数回、進路や生活について一人ひとりと面談しながら、一緒に目標を設定。到達度を確認しながら、確実な成長をサポートしていきます。

 

先輩後輩の垣根を超えた、仲間の輪が広がる!

学年を超えた交流

入門セミナーで先生のサポートを務めるスチューデントアシスタント(SA)や、フレッシャーズミーティングの協力学生、ゼミの先輩など、学年を超えて友だちや仲間がたくさんできるのも九国大の特長です。留学や資格取得、就職活動…。何でも気軽に相談できます。

 

仲間づくりをあと押し!1泊2日の研修旅行

フレッシャーズミーティング

入学後すぐに学部の1年生全員で行う1泊2日の研修が、「フレッシャーズミーティング」です。体を使ったアクティビティを通して仲間づくりをうながすことで、お互いの壁をなくし、信頼関係を築いていきます。友だちができることで大学に居場所ができ、勉強への意欲も高まります。

 

大学のスタッフ全員が、夢の実現を応援!

キャリア支援体制

セミナーやインターンシップ、資格取得などを通じて、学生の目標や進路を把握。4年間の活動や性格までふまえて就職アドバイスを行います。学生一人ひとりの顔をスタッフが覚えているからこそできる、きめ細やかな支援体制で、学生をサポートしています。職員全員が一丸となって、夢の実現をバックアップします。

 

 

feature_image02

主体的に学ぶことで、コミュニケーション能力や課題解決力など、社会を「生き抜く力」を育むのが九国大のゼミ。教育のコアとなる伝統のプログラムです。入門セミナーから無理なくレベルアップしていけるよう、独自のプログラムを用意しています。

 

九国大のゼミは、1年生から。

3年生、4年生からという大学が多いなか、九国大では1年生から全員がゼミを履修します。「入門セミナー」にはじまり、2年生以降は、より専門性を高める専門演習へとステップアップ。九国大の伝統のゼミだからできる徹底した少人数教育です。

 

九国大のゼミは、双方向型。

先生の話を聞くだけの講義とはちがい、先生や仲間とのディスカッションが中心。人の話を聞いたうえで自分の意見をさらに深め、協働しながらまとめあげ、それを自信を持って発表することで、社会人に不可欠な協調性や積極性が育まれます。

 

九国大のゼミは、体験型。

見学や調査、さらに、実社会で地域と協働しながら課題解決に取り組むフィールドワークをふんだんに取り入れているのも、九国大のゼミのポイントです。リアルな現場を実際に目で見て、話を聞いて、体感することで、社会人基礎力といわれる「考え抜く力」、「チームで働く力」、「前に踏み出す力」を培います。

 

九国大のゼミは、少人数。

ひとつのゼミは最大でも15人前後。高校のクラスより少人数のため、先生の目が届きやすいのが特長です。学生一人ひとりの学力はもちろん、性格まで見て力を伸ばしていくことができ、その丁寧な指導と工夫を凝らした内容には定評があります。

 

九国大のゼミは、発信型。

1年に2回、各学部ではゼミ対抗プレゼン大会が行われます。各自がユニークな視点で取り組んだ研究について発表するグループワークの集大成で、教職員からなる審査員の投票で1位から3位を決定。順位がつくことで、学生のやる気スイッチも入ります。

 

feature_image03

目標を明確にし、確実に成長できる「福島ゼミ」

2015年度の福島ゼミでは香蘭ファッションデザイン専門学校の学生と共同で、車椅子の新郎向け婚礼衣装「タキシーマ」を製作。実用新案を取得しました。九国大初の取り組みです。また、NHK大阪主催の障がい者のためのバリアフリーファッションショー「バリコレ」にも出演、全国で放送されました。2016年度は障がい者のための婚礼企画「タキシーマ・ウエディング」の普及を目的に学生ベンチャーを立ち上げ、ゼミ生自らが企業訪問を行い、実践的学びを体験しています。

 

 

feature_image04

九国大では、実社会と協働した実践型教育を行っています。社会人に不可欠なソーシャルスキルが身につくだけでなく、自ら体験することで知識を学ぶ必要性を実感できます。そしてこれらが、学びのモチベーションアップにもつながっていきます。

 

グループワークで行動的に学ぶ

アクティブラーニング

アクティブラーニングとは、文字通り“行動的”な学び。フィールドでの調査や討論、プレゼンテーションなどをチームで取り組み、実行することで、学生の自発性や積極性、協調性を育みます。九国大では、専用のアクティブラーニング室も完備。学生たちの活発な議論や研究発表の場として活用されています。

 

自分の将来像を描くのにもひと役

社会実習・施設見学

たとえば法学部では消防署や警察署などの施設見学や、救命救急訓練や規律訓練を実施しています。また、行政書士や司法書士などの実務家を招き、現場の話を聞く機会も設けています。これらにより職業や仕事について理解を深め、自分の将来像を具体的にイメージできるようになり、学習意欲を高めていけます。

 

地域に根ざした九国大ならでは

地域連携活動

さまざまな地域連携活動の場を設けられるのは、建学以来、地域とともに歩んできた九国大だからできることでしょう。大学で学んだことを地域で実践し、その経験で得た気づきを再び大学の学びに活かす。このサイクルをくり返すことで、地域社会が本当に必要としている大卒人材へと成長していきます。

 

視野と可能性を大きく広げる

海外体験

グローバル社会で活躍する人材の育成のために、国際交流の機会を設けています。大学時代に異なる文化や価値観に触れることは、大きく成長するきっかけになります。留学や社会実習、語学実習といった多彩なプログラムがあり、全学部の学生がチャレンジできる留学制度も整えています。

 

 

feature_image05

基礎教育センターは苦手科目を克服したい人はもちろん、もっと深く学びたい人にも広く門戸を開いています。学修生活アドバイザーが常駐し、教員とともに見守ることで、より効果的な学修生活がおくれるように支援します。

 

学生一人ひとりの目的に合わせて学習を支援します。

学生一人ひとりの異なる勉強の悩みや目的に合わせて、最適な学習方法をサポート。英検やTOEICなどの資格試験や就職試験対策、卒論作成指導も行っています。勉強に関することなら、何でも基礎教育センターにお気軽にご相談ください。

 

理解度にマッチした学習方法や教材を提供します。

個別指導から、2~10人を対象にしたグループ学習を実施しています。教材は学生の理解度に合わせて作成するなど、丁寧な指導が基本。学習日や時間を予約できるので、授業の空き時間を活用しながら効率的に学習することができます。

 

勉強への苦手意識を払拭する多彩な講座があります。

興味や関心のあることから、楽しみながら学習意欲を引き出す多彩な講座も用意しています。「暗記型学習」から「思考型学習」へスイッチを入れるとともに、基礎学力修得や学びのモチベーションを高めるきっかけづくりとなる場を提供しています。

 

留学生を対象にした特別講座も設けています。

留学生を対象に日本語検定対策講座やビジネスマナー講座を行っています。日本語特有の敬語の使い方などをわかりやすく学べると好評です。ビジネスマナー講座は日本人学生と合同で行われることも多く、異文化交流の場にもなっています。

 

feature_image06

九国大では、早期合格者を対象にした入学前教育にも力を入れています。入学するまで学力を維持することで、大学での学びにスムーズにシフト。「進学が早く決まると勉強から遠ざかるのでは」という保護者の方々の心配も解消する、安心の支援体制です。

 

 

 

feature_image08

もっと深く学びたいことがある。叶えたい夢もある。しかし、修学や学費などの不安から、大学進学を迷っている…。九国大は、そんなやる気のある学生へのサポートを惜しみません。特別育成奨学生制度「トク育」で、保護者の負担は小さく、将来の夢は大きく! 学生一人ひとりと4年間じっくり向き合いながら育てていきます。

 

feature_image09zoom

feature_image10

feature_image12

feature_image14zoom

 

feature_image15

 

feature_image16

公務員専門学校と連携した「公務員講座」、チューターによるきめ細やかな「学習指導」、さらに基礎学力の向上を図る「大学講座」と、3つの方向からトータルにサポートするから、公務員採用試験に強い!毎年高い合格実績を上げています。

 

feature_image17

公務員講座の講師など公務員試験に精通したチューターが、学習指導や受験相談に応じる個別相談コーナーを配しています。学習計画のモニタリングや確認テストの成績管理などを通して、一人ひとりの学習の定着を確認しながら的確なアドバイスを行っていきます。

 

feature_image18

部活やゼミ、ボランティア活動をがんばる学生をサポートする、欠席フォロー体制も整っています。部活などでやむを得ず公務員講座が受けられなかった場合、すべての講座のDVDを用意しているため、あとからDVDによる受講が可能です。

 

feature_image19

1年生と2年生の秋学期に模擬試験を行い、成績上位者には公務員講座の無料受講券を発行します。これまでのキャッシュバック方式と異なり、初期費用がかからないため、経済的理由で公務員講座を受講することをあきらめていた学生にもチャンスが広がります。

 

feature_image20

公務員受験対策講座の単位認定(2単位)はもとより、大学の講義として「キャリアプラン(公務員クラス)」、「キャリアプラン実践(公務員クラス)」など計12単位分を、卒業単位として認定します。

 

feature_image21

「キャリアプラン」では公務員の職種やそれに応じたスキルの伸ばし方から具体的な受験対策まで、キャリア形成の側面からアシスト。公務員採用試験合格をめざし、大学の講義でも手厚い支援体制を整えています。

 

feature_image22zoom

 

 

feature_image23

高校から大学の学びにスイッチし、トレーニングを重ねることで、自らの頭で考え、判断することができるようになります。そのためには、まずは広く学ぶこと。多面的な常識と知識を学ぶ、多彩なカリキュラムを用意しています。

 

feature_image24

「覚える」勉強から、「考える」学びへ。これからの社会人に求められる総合力を培う科目が充実しています。

 

feature_image25

 

興味・関心にあわせて、好きな科目が選べる!

九国大の教養教育科目は3つのテーマで構成されています。哲学や心理学、社会学など新しい価値観を発見できる科目や、学園史や、文学・歴史・芸術系科目など自分の教養を高めるものまで、バラエティに富んでいます。個性あふれる先生によって展開される熱い講義によって、考え方が180度転回するような新鮮な驚きを体験できます。

 

英語やアジアの言語がマスターできる!

九国大では国際大学として、外国語教育にも力を入れています。学部を問わず、韓国語や中国語、インドネシア語が学べます。これからの世界情勢を考えると、アジアの言語の習得は、就職にも有利です。授業科目や履修科目にもよりますが、10人台からの少人数クラスもあり、グングン上達します。

 

これからの社会人に必須のスキルが磨ける!

自分の考えを論理的に表現するスキルやリテラシーの能力を養う「アカデミックライティングⅠ・Ⅱ」、パソコンの操作スキルと学ぶ「情報処理A・B」など、大学での学びのためだけでなく、社会人としても必要な能力やスキルを学ぶことができます。情報処理の授業では、スチューデントアシスタント(SA)に、わからないことを気軽に質問できる環境も整えています。

 

専門科目を学ぶための基礎も学ぶことができる!

「法学」や「経済学」などは、視野を広げ教養を深めることのできる科目であるのはもちろん、法学部や現代ビジネス学部で学ぶ専門科目の基礎を固めるための科目でもあります。もし入学時に大学での学習に対する不安を持っている人も、これらの授業科目を受けることで、そんな不安を解消することもできるでしょう。

 

 

feature_image26

勉強や友人関係、アルバイトやサークル活動…。高校とはまるで異なる大学生活に、最初はとまどうことがあるかもしれません。九国大は、勉強はもちろん、学生生活の悩みや不安にもしっかり対応する環境を整えています。

 

feature_image27

しっかりサポートする 「入門セミナー」

1年生のゼミには担当の教員のほかに、職員の副担任グループと学生アシスタントのSAが支援します。グループワークの進め方やパソコン操作など、いつでも質問できる手厚い体制により、大学全体で新入生を支援します。

 

 

 

 

feature_image28

足りない力を確認、強化できる「PROG」テスト

基礎学力を測るPROGテストを1年次と3年次に実施します。2つの成績を比較することで、効果的に足りない力を強化育成することができます。さらにその結果を教育プログラムにフィードバックすることで、より効果的で定着率の高い学習内容への改善を図っています。

 

 

 

feature_image29

授業の疑問点はその日に解決 「スタディスペース」

授業でわからなかったところや疑問点をそのままにせず、すぐに聞くことができる学習支援の場です。講義の入っていない先生が交代で待機して、学生からの質問や相談にいつでも応じる体制を整えています。

 

 

 

 

feature_image30

なんでも気軽に相談できる「学修生活アドバイザー」

勉強や友人関係、アルバイトやサークル…。高校とはまるで異なる大学生活に、最初はとまどうことがあるかもしれません。九国大は、勉強はもちろん、学生生活の悩みやわからないことにもしっかり対応する環境を整えています。

 

 

 

 

feature_image31

女子力を磨くイベントも盛ん 「女子学生専用スペース」

お化粧直しや身だしなみチェックに使える大きな鏡とピンクの壁紙がおしゃれなスペースです。スイーツを持ち寄って女子会をしたり、お弁当を食べたり…。マナーやヨガ教室など、自分磨きのためのイベントも盛んです。

 

 

 

 

feature_image32

待ち合わせにも最適な場所 「学生フリースペース」

お弁当を食べたり、空き時間に自習をしたり、どんな使い方もOKのフリースペースは、明るく開放的な空間。講義が行われる2号館の1階にあるため集まりやすく、友だちとの待ち合わせ場所としても活用されています。

 

 

 

 

 

feature_image33

終身雇用制が過去のものとなった今、求められているのは一生を自分で切り拓いていける力。キャリア教育と学部教育を連動し、社会や仕事についての広い視野を養うことで、「就職」だけでなく、「人生」をデザインする力まで育てていきます。

 

feature_image34zoom

 

feature_image35zoom

 

 

feature_image36

feature_image37

さまざまな講座、独自の受験料補助や奨励制度を整え、学生のやる気と本気を積極的に応援します。

 

feature_image38

国家資格試験や公務員試験の対策には、専門学校とのダブルスクールが不可欠。
エクステンションセンターでは、有名専門学校と提携し、プロの講師による各種講座を開講しています。
学内で受講できるため時間を効率よく使え、料金設定も割安です。
このほかにも、公務員試験受験対策講座の受講料の補助※や単位認定など、経済的サポートが充実。
専門のスタッフが、就職に役立つさまざまなアドバイスを行っています。

※全学部の学生のための教育支援制度。くわしくはこちらをごらんください。

 

■九国大独自のサポート

feature_image39zoom

 

 

feature_image40

feature_image41

 

教員免許状

中学校と高等学校で教えるために必要な免許です。教職課程の科目には心理学や教育法など「心」を理解するための内容も豊富。教員をめざす人はもちろん、塾や英語学校などで人に教える仕事がしたい人にも役立ちます。

 

司書・司書教諭資格

図書館で本の分類や貸出しを行う専門家で、本好きの人には最適な仕事です。子どもたちに本への興味を湧かせる工夫や演出をしたりするので、子どもとかかわりたい人にもおすすめ。司書教諭には教員免許状も必要です。

 

feature_image42zoom

 

 

feature_image43

セミナーやインターンシップを通じて、学生の目標や進路を把握。4年間の活動や性格まで踏まえて就職アドバイスを行います。一人ひとりの顔が見えているからこそできるきめ細やかな支援体制で、企業と学生のベストマッチングを実現します。

 

feature_image44zoom

feature_image45

一人の学生を全学で!

「就活」を「就勝」にするためには、適性に合った企業、希望に沿った職業でなければなりません。キャリア支援室のスタッフは学生一人ひとりの顔を覚えています。学部学科はもちろん、ゼミ活動にどのように取り組んできたか。どんな性格で長所はどこか。全学で情報を共用し、一体となった支援体制があるからこそ必要な資格や能力開発をアドバイスすることができ、夢の実現に導きます。そのFace to Faceの支援は入学前教育からはじまり、1年生からでも受けることができます。就職のプロ、経験豊富なスタッフが、どんな悩みや疑問にもお答えします。

 

feature_image46zoom

 

feature_image47

地元九州に強い!

地元の活性化に貢献したいという学生が増えてきています。九国大の就職実績は、北九州をはじめ福岡県や九州エリアの比率が高いことが特長。キャリア支援室は地元九州の優良企業とのパイプが強く、その会社がどんな雰囲気なのか、どのような人材を求めているかを熟知しています。だからこそより満足度の高い、企業と学生のベストマッチングを実現します。近年はハローワークの学内相談コーナーの設置や、北九州市と連携しながら北九州市内の新規企業の開拓を行うなど、さらなる支援体制を整えています。

 

feature_image48zoom