サービスラーニング


講義で専門科目の知識や理論及びその展開方法等を学び、ゼミを通じて地域の課題に取り組むことで、身に付けた知識を活用し問題解決を図ることにより、実践的な問題解決能力を育成します。

北九州市の観光資源を発掘
srv01エコツアー企画
■法学部
公害を克服した環境先進都市として、特色あるまちづくりに取り組む北九州市。自然を保全するための施策を学ぶため、希少生物の宝庫として知られる曽根干潟へのエコツアーを企画しました。今後は北九州市の良さを発信できるような施策を考えていく予定で、地域の盛り上げ役として大学生の視点を活かしていきます。

 

フィールドワークから防止策を提言
srv02万引き調査
■法学部 山本ゼミ(リスクマネジメントコース)
八幡東区で一番多い街頭犯罪「万引き」の実態を浮き彫りにするため、スーパーやコンビニで大がかりなフィールドワークを実施。有効な防犯策は、取り締まりよりも店員の声掛けにあることをつきとめました。学生が福岡県警主催のセミナーで発表するなど、大きな反響を呼んだゼミ活動になりました。

 

子どもたちの職業体験をサポート
srv03黒崎子ども商店街
■経済学部経済学科 三輪ゼミ(地域づくりコース)
黒崎地区での調査活動やイベントへの参加など、商店街をフィールドにしたゼミ活動をしている三輪ゼミ。2012 年はハロウィンにお化け屋敷を企画、2013 年は子どもたちがお店体験をする「こども商店街」に参加。まちの活性化に必要な人材になるための模索を、リアルな現場で続けています。

 

関門地域の魅力を、韓国に発信
srv04ハングル版小倉街歩きマップ
■国際関係学部 森脇ゼミ(ハングルコース)
株式会社ゼンリンプリンテックスとの共同製作にあたり、まず取り組んだのは既存の標識や看板を見直すこと。表記の統一や、「角打ち」など小倉の固有文化の表現について話し合いを重ねます。完成したマップは高い評価を受け、さらに市内のハングル表記の案内板を利用者目線で調査するフィールドワークも本格化しています。

 

カンボジアの小学校に絵本を贈る
srv05Book to Read プロジェクト
■国際関係学部 藤井ゼミ(国際協力コース)
教科書やノート、筆記用具が不足する現状を、「なんとかしたい」と考えた学生の本気から生まれた活動です。絵本の収集からクメール語への翻訳依頼など、すべて学生中心で行ってきました。2 年目からは八幡地区の小学校との交流もスタート、物資の提供にとどまらない息の長い支援をめざしています。

 

中学生に英語の楽しさを伝える
srv06英語学習支援活動
■国際関係学部 太田ゼミ(英語コース)
教師をめざす学生が集う太田ゼミでは、模擬授業を通して、つまずきやすいところの分析や、わかりやすい説明の工夫を続けています。その成果を試す場が、付属中学校の1・2 年生を対象にした英語学習支援活動です。理解できた時に見せる生徒の笑顔に、もっと教える技術を向上させたいとの意欲づくりにつながっています。