研究倫理教育


研究倫理教育

公正な研究活動を推進するために、研究機関において研究倫理教育を確実に実施し、不正防止を図るために研究者倫理を向上させることが求められています。

研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

本学では全研究者を対象に、以下の研究倫理教材として定めています。
本学研究者は必ず受講し、『研究倫理教育受講確認表』を大学総務室へ提出してください。

科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-
日本学術振興会「科学の健全な発展のために」編集委員会発行により、研究倫理教育教材が作成されました。
『科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-【テキスト版】』

THE LAB
米国保健福祉省研究公正局(ORI)作成の映像教材が公開されました。
(国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)作成の日本語版)
大学の研究室で行われた研究不正に関して、受講者がそれぞれの主要キャラクターとなり、研究倫理に関する判断を行なうバーチャル体験型の学習シミュレーション形式の研究倫理教育教材です。

 『THE LAB』

研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)

文部科学省が作成したコンプライアンス教育用のコンテンツです。内容は、研究者向けと管理者向けとあり、それぞれ約1時間程度の動画とパワーポイント資料となっています。
公的研究費に関わる本学研究者および事務職員は、教育コンテンツを受講し、『誓約書』を大学総務室へ提出ください。

研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)