大学中期計画


1.第三期中期計画立案の背景と目的

(1)大学を取巻く環境の変化
九州国際大学の創立は昭和22年です。以来、北九州地域の文化向上を目的とし、塾的精神により知識を授けるとともに、誠実有位なる人材を養成するという建学の精神は今日まで脈々と受け継がれてきています。
本学の使命・役割は、今日の大学を取り巻く環境がますます厳しいものと変化していく中で、地域に立脚し地域の高等教育機関として、本学の原点である建学の精神に立ち返り、余すところなくその精神を汲み現代的変容の中にも先取りの精神をもって常に次世代を見据えつつ、その本分を如何なく発揮していくことにあると考えています。
(2)第三期中期計画策定の目的
大学に勤務する教職員全員が本学の中期の教育・研究ビジョンを理解し、その実現を目指して、教育・研究活動を行うための指針として「九州国際大学第三期中期計画」(平成 28年度~平成 32年度の5カ年間)を策定いたします。
第三期中期計画は、「学校法人九州国際大学第二期中期経営計画」(平成26年度~平成30年度の5カ年間)を中核に据え、あわせて自己点検・評価活動による課題や展望を踏まえたものです。

2.第三期中期計画の骨子

教育機関の競争力の源泉である教育・研究の質は、大学のマネジメント能力やガバナンスに依拠しています。したがって、目指すべき方向性を示す明確な目標を中期計画として纏め、大学改革を年次計画により具体的に提示して内外に発信し、社会的な評価を確保していく所存です。
第二期中期計画では、本学の教育、研究、地域貢献事業におけるPDCAサイクルの確立に向け、5カ年に亘る中期計画を立案・実行し、平成26年度に日本高等教育評価機構による機関別認証評価の適合判定を受けました。
これを受け、平成28年度以降の第三期中期事業計画においては、第二期中期事業計画を持続的に発展させるべく、教育、研究、地域貢献事業等の目標を指し示すため、以下の内容を骨子として策定します。

戦略Ⅰ[募集活動]:意欲ある学生の確保
戦略Ⅱ[教育活動]:教育力の強化と授業の改善
戦略Ⅲ[研究活動]:研究力の強化を外部資金の獲得
戦略Ⅳ[学生支援]:学生主体の大学生活支援による学生満足度向上
戦略Ⅴ[社会貢献]:大学資源の活用と社会貢献
戦略Ⅵ[就職支援]:就職・進路支援の強化
戦略Ⅶ[管理運営]:大学運営・経営の強化
九州国際大学 第三期中期計画
(2016~2020年度)

ダウンロード(740KB)