個人情報の取扱いについて


学校法人九州国際大学では、個人情報を「個人情報の保護に関する指針」に基づき適正に管理・利用します。
この指針は、個人情報保護法の趣旨に基づき定めるもので、大学・学校等において個人情報データベースを利用するにあたり、個人の権利・利益を保護することを目的としたものです。その内容は、以下のとおりです。

1 「個人情報」とは
現在及び過去の学生・生徒並びに入学予定者、その保護者等に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
2 「個人情報データベース」とは
個人情報を含む情報の集合物であり、特定の個人の個人情報をコンピュータを用いて検索することができるように体系的に構成したものをいいます。
3 「個人データ」とは
個人情報のうちデータベースに管理された情報及びデータベースから引き出された情報をいいます。
4 適正な取得
個人情報を取得するときは、適正な手段により取得します。
5 個人情報の利用目的
個人情報は、本学の教育研究及び学生・生徒支援に必要な業務を遂行するために利用し、その目的をできるかぎり特定します。利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について遅滞なく本人に通知します。章
6 利用目的の通知等
本人から直接書面(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録を含む。)に記載された当該本人の個人情報を取得する場合は、あらかじめ、本人に対し、その利用目的を明示します。利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、本人に通知します。それ以外で個人情報を直接取得する場合、または間接的に取得する場合は、「個人情報の利用目的」に定める利用目的の範囲内で取り扱います。
7 第三者提供
個人データは、あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に提供しません。ただし、(1)法令の規定に基づく場合、(2)個人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき、(3)その他理事長が特に必要であると認めたときは、この限りではありません。
本人の同意に基づく第三者提供の範囲は、別紙の通りです。
8 データ内容の正確性の確保
個人データは、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保ちます。
9 安全管理措置
個人データの漏洩、滅失又は毀損の防止その他の個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
理事長を最高責任者とし、大学および各学校に個人情報保護管理責任者を置きます。また、教職員に個人データを取り扱わせるに当たって、個人データの安全管理が図られるよう適切な監督・研修を行います。個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合は、個人データの安全管理が図られるよう委託を受けた者に対して必要かつ適切な監督を行うものとし、安全管理を図ることができない者には委託しません。

個人データの漏洩、滅失又は毀損が発生した場合には、当該学生・生徒・保護者に遅滞なく通知します。

個人情報保護管理責任者

  • 学校法人九州国際大学 法人総務室長
  • 九州国際大学 大学総務室長
  • 付属高等学校・中学校 付属学校事務部長
10 開示
本人から当該本人が識別される学生・生徒個人データの開示を求められたときは、本人に対して遅滞なく当該個人データを開示します。

ただし開示することによって、九州国際大学における業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがあるとき、他の法令に違反することとなるとき、個人の指導・評価・診断・選考等に支障を及ぼすおそれがあるとき、もしくは本人または第三者の生命・身体・財産その他の権利利益を害する恐れがあるときは、個人データの全部又は一部について開示しないことがあります。その際、本人に対して遅滞なく理由を付してその旨を通知します。

  1. 開示の対象となる保有個人データ

    開示の対象となる保有個人データは、別紙の通りです。詳細につきましては、個人情報保護委員会事務局にお問い合わせ下さい。

  2. 開示等の求めの申し出先

    開示等の求めは、所定の申請書に必要書類を添付の上、郵送にてお願い申し上げます。

    • 〒805-8513
    • 北九州市八幡東区平野2-5-1
    • 学校法人九州国際大学 個人情報保護委員会事務局
  3. 提出すべき書面(様式)等
    開示等の求めを行う場合は、次の申請書(A)をダウンロードし、所定の事項をすべてご記入の上、本人 確認のための書類(B)を同封して、開示等の求めの申し出先宛に郵送またはFAXして下さい。

    1. 本学所定の申請書
      ◎保有個人データ開示等申請書
    2. 本人確認のための書類
      次のいずれか1点のコピー
      ◎運転免許証
      ◎パスポート
  4. 代理人による開示等の求め
    開示等の求めをする者が、未成年者または成年被後見人の法定代理人である場合は、前項の書類に加えて、下記の書類を同封して下さい。

    • 法定代理権があることを確認するための書類 1通
    • (戸籍謄本、親権者の場合は扶養家族が記入された保険証のコピーでも可)
    • 未成年者または成年被後見人の法定代理人本人であることを確認するための書類 1通
    • (免許証またはパスポートのコピー)
  5. 数料および徴収方法
    開示の求め等の手数料およびその徴収方法は次の通りとします。

    • 1枚の申請書ごとに1,000円(書留郵便郵送料を含む)
    • ※ 1,000円分の郵便切手を申請書類に同封して下さい。

    手数料が不足していた場合、および手数料が同封されていなかった場合は、その旨を連絡しますが、所定の期間内に手数料が納付されなかった場合は開示の求めがなかったものとして取り扱います。

  6. 開示等の求めに対する回答
    開示等の求めに対しては、申請者の申請書記載住所宛に書面によって回答いたします。
  7. 不開示事由
    次に定める場合は、保有個人データの全部又は一部について開示しないことがあります。その際、書面でその旨を通知します。また、不開示の場合についても所定の手数料を徴収します。

    • 申請書に記載されている氏名、住所が真正でないとき
    • 本人が確認できないとき
    • 代理人による申請に際して、代理権が確認できないとき
    • 所定の申請書類に不備があるとき
    • 開示の求めの対象が「保有個人データ」に該当しないとき
    • 開示することによって、九州国際大学における業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがあるとき
    • 他の法令に違反することとなるとき
    • 個人の指導・評価・診断・選考等に支障を及ぼすおそれがあるとき
    • 本人または第三者の生命・身体・財産その他の権利利益を害する恐れがあるとき
11 訂正、追加、削除
本人から、当該本人が識別される保有個人データの内容が事実でないという理由により当該個人データの訂正、追加又は削除を求められたときは、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、当該個人データの訂正等を行います。
なお、個人データの内容の全部もしくは一部について訂正等を行ったとき、又は訂正等を行わない旨の決定をしたときは、本人に対し、遅滞なく理由を付してその旨(訂正等を行ったときは、その内容を含む。)を通知します。
12 苦情処理の手続
本人から、当該本人が識別される個人データの取扱いについての苦情を受けたときは、遅滞なく苦情を処理します。
13 改訂
「個人情報の保護に関する指針」は、必要に応じて改訂することがあります。
14 個人情報の保護についてのお問い合わせについて
学校法人九州国際大学における個人情報の取扱いに関するご意見・ご質問等は、個人情報保護委員会事務局までお問い合わせください。
学校法人九州国際大学 個人情報保護委員会事務局(法人総務室)
  • 担当 水上
  • 電話 093-671-8900
  • (受付時間:9:00~17:00 祝日・日曜日及び休暇期間を除く)
  • FAX 093-671-9032
  • 電子メール privacy@kiu.ac.jp