寄付金のお願い


理事長より ~魅力ある学園づくりをめざして~

理事長 髙野 利昭
学校法人 九州国際大学
理事長 髙野 利昭

 学校法人九州国際大学は、昭和5年(1930年)に設立された九州法学校を源流として、今日では九州国際大学、大学院、付属高校、及び付属中学校を擁し、学生及び生徒数は約4,200名に達する北九州屈指の総合学園に発展いたしました。

本学園のこれまでの発展は、常日頃から熱い母校愛をもって本学園を支えていただきました卒業生の方々をはじめ、保護者、地域社会の皆様のご協力とご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

現在、本学園では、より魅力ある学園づくりのため、さまざまな教育環境の整備事業を進めております。
平成25年度は、平野地区に大学の多目的グラウンドを開設し、また黒崎地区には、サテライトキャンパスとして地域連携センターを開設いたしました。
一方、枝光地区(中学・高校キャンパス)では、校舎の改修工事、旧校舎の解体工事及び跡地の造成工事を行っており、さらに、校舎の耐震工事にも順次着手しております。
これらの事業による「教育環境の整備」は、「教育の質的向上」に継続的に取り組むために不可欠であり、平成26年度以降も全力をあげて取り組んでまいります。

しかしながら、少子化による就学人口の減少等、私立学校が直面する経営環境は一段と厳しさを増しております。このために、入学定員の確保に加えて、教育環境及び教育内容の充実による学園の魅力づくりが極めて重要な課題となります。
現在も、教職員一丸となって教育改革・経営改革を重ねておりますが、複雑かつ急激な変化が予想される将来を見据えて、引き続き全力で取り組んでまいります。
地域に立脚し、社会に貢献できる有為の人材育成を使命とする教育機関として、学生・生徒への、「安全で充実した教育環境」と「質の高い教育内容」を提供するためには、本学園のより安定した財政基盤の確保が求められます。

つきましては、寄付金の趣旨にご賛同賜り、卒業生、保護者、地域社会の皆様からの温かいご支援、ご協力を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。
今後の「学校法人九州国際大学」にご期待いただきますとともに、従前にも増して皆様の格別のご理解とご支援をお願いいたします。