3つのポリシー


アドミッション・ポリシー | カリキュラム・ポリシー | ディプロマ・ポリシー

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

九州国際大学
(全体)
本学は、教育目標に定める人材を育成するため、高等学校までの学習及び経験を通じて、以下のような能力や姿勢を身につけている入学者を求めています。

【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容と結論を説明することができる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤学びたい学部・学科の知識や学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。

このような入学者を適正に選抜するために、推薦入試、一般入試、センター試験利用入試、AO入試等の多様な選抜方式を実施します。

法学部
法律学科
【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容をわかりやすく表現できる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤法律学の知識やリーガルマインド及び学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。
現代ビジネス学部
地域経済学科
【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容をわかりやすく表現できる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤経済学や経営学の知識及び学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。
現代ビジネス学部
国際社会学科
【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容をわかりやすく表現できる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤国際社会科学や異文化理解の知識及び学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。
経済学部
経済学科
【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容をわかりやすく表現できる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤経済学の知識やリーガルマインド及び学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。
経済学部
経営学科
【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容をわかりやすく表現できる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤経営学の知識及び学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。
国際関係学部
国際関係学科
【知識・技能】
①高等学校の教育課程を幅広く修得している。
②高等学校までの「国語総合(現代文)」や「英語」の履修を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
【思考・判断・表現】
③現代社会の問題について、知識や情報をもとに筋道立てて考え、その内容をわかりやすく表現できる。
【主体性・協働して学ぶ態度】
④クラブ活動、委員会活動や社会奉仕等を通じて、多様な人々と協働して主体的に学ぶ姿勢を身につけている。
⑤国際関係学や異文化理解の知識及び学内外での様々な体験を社会で活かしたいという目的意識と意欲がある。
大学院
法学研究科
法学研究科は「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)」における教育目標に適う人材を育成するために、次のように入学者受け入れを行います。

研究者、高度専門職業人の養成という目的のため、明確な目的意識を持ち、法律・政治に関心を有するとともに、それらの専門的知識を修得している者又は修得しようとする意欲のある者を求めています。

上記資質を有するものであれば、社会人、大学卒業生(「特修プログラム制度」を含む)その他経歴・学歴を問わず広く多様な者を受け入れます。そのために、年一回の進学説明会を企業政策研究科と合同で開催するほか、随時個別の相談も受け付けることをホームページで周知しています。

このような者が、「教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)」に沿って塾的精神が生きる講義の中で多様な者と切磋琢磨し、「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」の基準を満たすことにより学位を得て、研究者、高度専門職業人として社会に成果を還元できる人材となることを期待します。

大学院
企業政策研究科
企業政策研究科は「学位授与の方針」及び「教育課程編成の方針」における教育目標に適う人材を育成するために、次のように入学者受け入れを行います。

① 社会の多方面で活躍しうる高度専門職業人になるために、明確な目的意識をもって入学し、研究に取り組む意欲のある人を受け入れます。
② 現代社会における企業経営と企業を取り巻く外部環境を多様な視点から追求し、研究成果をまとめようとする人を受け入れます。
③ 入試形態としては、一般入学試験、社会人入学試験、外国人留学生入学試験、学内推薦入学試験とします。社会人については、入学時点で、大学を卒業後3年以上の者または実務経験2年以上の者と規定しています。
④ 大学卒業資格を有しない方には個別の入学資格審査を行って入学試験出願の可否を判定します。

 

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針と教育方針)

九州国際大学
(全体)
本学では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる知識・技能の修得という目標の達成のために、共通教育科目、専門教育科目及びその他必要な科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講します。カリキュラムの体系を示し、科目間の関連や構造をわかりやすく明示します。教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

<教育内容>
(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

①基幹教育科目群の基礎科目では、初年次教育に対応することを企図しており、大学での学修のための情報処理及び表現力の基礎を身につけます。コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を向上させる「入門セミナーⅠ・Ⅱ」、大学での学修の達成を手助けできるよう「アカデミックライティングⅠ・Ⅱ」を配置します。また、外国語科目では、必修として英語を基礎から学ぶ「英語Ⅰ・Ⅱ」を配置、さらに、英語の他に国際理解能力を養成するために第二外国語としてドイツ語、中国語、韓国語、インドネシア語等の選択科目を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

②教養教育科目群では、人文・社会・自然の各分野から学生の興味や関心に応じて科目を選択して学び、社会人としての教養を修得します。人文分野に「学園史」を配置することで学園の歴史及び周辺地域の地理・歴史について理解します。さらに、社会分野に配置した「地域連携講座」により、地域の企業経営者等の考え方を聴講することで地域の実際の諸問題を深く理解します。自然分野に配置した「自然科学概論」、「環境科学」により、自然や地球規模の環境問題等に関する知識と深い理解を修得します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)に強く関連します。

③キャリア科目群では、将来の進路について早くから認識させるために「キャリアデザイン」を必修として配置するとともに、就業体験を通じて、キャリアに関するより深い認識が得られる「インターンシップ」を配置します。本科目群は、DP(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

④実技・実習科目群では、各種スポーツの体験する「スポーツ実技」を配置し、学外での様々な体験することで、理論に偏らない実践力を養成するために「海外語学実習」、「海外社会実習」、「国内社会実習」を配置します。本科目群は、DP(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(2)専門教育科目では、各学部各学科のディプロマ・ポリシー達成のために各学問領域を体系的に学ぶことができる教育課程を編成します。

<教育方法>
①アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を少人数科目では必ず用い、多人数科目においても原則として取り入れます。

②教養や知識を修得させるために、課題等の内容や時期を適切に行います。また、学修効果を高め適切な評価のため、中間レポートや小テスト等を通じて、学期中のフィードバックを行います。

③専門教育科目では、専門分野の体系に基づきバランスの取れた履修ができる科目を配置します。

<評価>
①学位授与方針に掲げる能力・資質及びこれらの総合的な活用力の修得状況を把握し、評価します。

②自己の学修成果の振り返りと学生生活の自己管理のために、「学生ポートフォリオ」の作成を実施します。

③基礎学力レベルを測る「PROGテスト」を実施し、その結果を検証することにより、各個人に応じた適切な学修指導を行います。

法学部
法律学科
本学科では、定められたディプロマ・ポリシーを達成するため、以下のように教育課程を編成します。

(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

(2)専門教育科目では、専門教育科目を専門科目群、特殊講義科目群、リスクマネジメント科目群、資格講座科目群、関連科目群、演習群の6つに科目群区分します。

①専門科目群では、学生に学年を追って段階的に科目同士の関連性や法的体系性を認識させ、その関連性・体系性から導かれる法的論理力・思考力を涵養させるべく、「憲法Ⅰ・Ⅱ」、「法律学入門Ⅰ・Ⅱ」、「民法総則Ⅰ・Ⅱ」等を配置します。また、「物権法」、「債権総論」等の民法をはじめ、「刑法総論」等を配置します。
さらに、プレゼンテーションや協働能力の向上のために、「キャリアチュートリアルⅠ~Ⅳ」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

②特殊講義科目群では、専門科目群だけでは不十分な法律科目の学習を補助する科目や法律に限らない特殊な内容を学ぶための「法政特殊講義1~8」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)に強く関連します。

③リスクマネジメント科目群では、「リスクマネジメントコース」に所属する学生が、将来の進路に応じて、リスクマネジメントの知識を入門から実践まで体系的に学ぶことができる科目を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

④資格講座科目群では、「資格取得コース」に所属する学生が、関心や将来の進路に応じて、資格取得を目指すことができる科目、「法職資格講座1~5」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(技能・表現)に強く関連します。

⑤関連科目群では、教員免許取得に必要な科目やコミュニケーションスキルを養うための科目等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑥演習群では、それまで修得できた知識やスキルを統合するとともにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、課題発見力、課題解決力等を養成するため、「専門演習A・B」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(3)特別教育科目は、学生の将来の進路を支援するために特別に置かれている科目です。「スポーツ特別教育科目」を体系的に配置します。本科目は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

現代ビジネス学部
地域経済学科
本学科では、定められたディプロマ・ポリシーを達成するため、以下のように教育課程を編成します。

(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

(2)専門教育科目では、専門教育科目を基礎科目群、基幹科目群、コース科目群、関連科目群、演習群の5つに科目群区分します。

①基礎科目群では、グローバル化の進む経済社会、地元北九州の地域特性についての知識を修得させるために、「グローバル経済と生活」、「北九州学」を必修として配置します。また、PBL型の教育により地域の諸課題の解決方策を学生に考えさせることで課題発見力、プレゼンテーション能力、課題へのアプローチ方法、実践力等を身につけるべく、「プラン&プラティクス」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

②基幹科目群では、経済学の基礎科目である「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」、「地域経済論入門」を学科の必修科目として配置します。さらに経営学的な思考も修得させるために「経営学」、「簿記論」、「経営組織論」等を配置し、経済・経営の各学問領域における専門的基礎知識を体系的に修得します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/に強く関連します。

③コース科目群では、地域社会の具体的な問題解決を行い、各学問領域における専門知識を現場で応用できるよう、各学科で必要とされる専門科目を必修化し、それに関連する科目を学問系列ごとに分けて5つのコース科目として配置します。学生は5つのコース「経済コース」、「経営コース」、「地域づくりコース」、「観光ビジネスコース」、「スポーツマネジメントコース」のいずれかに所属します。なお、所属のコース科目で生まれた新たな関心・意欲に応え、幅広い学問領域における専門知識を体系的に修得するため、他のコース科目の履修を推奨します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)に強く関連します。

④関連科目群では、教員免許取得に必要な科目やコミュニケーションスキルを養うための科目等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑤演習群では、それまで修得できた知識やスキルを統合するとともにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、課題発見力、課題解決力等を養成するため、必修科目として「専門演習Ⅰ~Ⅳ」を配置し、学修の集大成として「卒業研究」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(3)特別教育科目では、学生の将来の進路を支援するために特別に置かれている科目です。「スポーツ特別教育科目」を体系的に配置します。本科目は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

現代ビジネス学部
国際社会学科
本学科では、定められたディプロマ・ポリシーを達成するため、以下のように教育課程を編成します。

(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

(2)専門教育科目では、専門教育科目を基礎科目群、基幹科目群、コース科目群、関連科目群、演習群の5つに科目群区分します。

①基礎科目群では、グローバル化の進む経済社会、地元北九州の地域特性についての知識を修得させるために、「グローバル経済と生活」、「北九州学」を必修として配置します。また、PBL型の教育により地域の諸課題の解決方策を学生に考えさせることで課題発見力、プレゼンテーション能力、課題へのアプローチ方法、実践力等を身につけるべく、「プラン&プラティクス」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

②基幹科目群では、英語運用能力を向上させるためにe-ラーニング授業「PC English Training Ⅰ」を必修科目として配置します。また、「国際社会入門Ⅰ・Ⅱ」を学科の必修科目として配置します。さらに国際社会を理解するために「国際関係論」、「国際マーケティング論」、「異文化コミュニケーション論」等を配置し、国際社会科学の各学問領域における専門的基礎知識を体系的に修得します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/に強く関連します。

③コース科目群では、国際社会の具体的な問題解決を行い、各学問領域における専門知識を現場で応用できるよう、各コースで必要とされる専門科目を必修化し、それに関連する科目を学問系列ごとに分けて3つのコース科目として配置します。学生は3つのコース「英語コース」、「ハングルコース」、「国際コース」のいずれかに所属します。なお、所属のコース科目で生まれた新たな関心・意欲に応え、幅広い学問領域における専門知識を体系的に修得するため、他のコース科目の履修を推奨します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)に強く関連します。

④関連科目群では、教員免許取得に必要な科目やコミュニケーションスキルを養うための科目等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑤演習群では、それまで修得できた知識やスキルを統合するとともにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、課題発見力、課題解決力等を養成するため、必修科目として「専門演習Ⅰ~Ⅳ」を配置し、学修の集大成として「卒業研究」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(3)特別教育科目では、学生の将来の進路を支援するために特別に置かれている科目です。「スポーツ特別教育科目」を体系的に配置します。本科目は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

経済学部
経済学科
本学科では、定められたディプロマ・ポリシーを達成するため、以下のように教育課程を編成します。

(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

(2)専門教育科目では、専門教育科目を基礎的科目群、発展及び応用科目群、コース科目群、特殊講義科目群、演習群の5つに科目群に区分します。

①基礎的科目群では、経済学の基礎となるべき知識を修得させるために、「ミクロ経済学入門」、「マクロ経済学入門」を必修として配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

②発展及び応用科目群では、各学問領域における専門科目を4つの系統に分けます。経済理論科目には、「日本経済のしくみ」、「ミクロ経済学」、「マクロ経済学」等を、国際経済科目には、「国際金融論」、「国際経済学」等を、経済制度・歴史科目には、「経済史入門」、「経済政策論」等を、経営科目には、「経営学入門」、「会計学Ⅰ」等をそれぞれ配置し専門的知識を体系的に修得します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/に強く関連します。

③コース科目群では、現代社会の具体的な問題解決を行い、各学問領域における専門知識を現場で応用できるよう、各コースで必要とされる専門科目を必修化し、それに関連する科目を学問系列ごとに分けて3つのコース科目を配置します。コース科目を希望する学生は、「地域づくりコース」、「企業人養成コース」、「ビジネスアスリートコース」を選択することができます。なお、コース科目で生まれた新たな関心・意欲に応え、幅広い学問領域における専門知識を体系的に修得するため、他のコース科目の履修を推奨します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)に強く関連します。

④特殊講義科目群では、現代の社会問題を経済学の視点で理解するため、「経済学特殊講義1~6」等の科目を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑤関連科目群では、教員免許取得に必要な科目やコミュニケーションスキルを養うための科目等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑥演習群では、これまで修得できた知識やスキルを統合するとともにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、課題発見力、課題解決力等を養成するため、「経済演習Ⅰ・Ⅱ」、「総合演習Ⅰ・Ⅱ」を配置し、学修の集大成として「卒業研究」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(3)特別教育科目では、学生の将来の進路を支援するために特別に置かれている科目です。「外国語特別教育プログラム」と「スポーツ特別教育科目」を体系的に配置します。本科目は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

経済学部
経営学科
本学科では、定められたディプロマ・ポリシーを達成するため、以下のように教育課程を編成します。

(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

(2)専門教育科目では、専門教育科目を基礎的科目群、発展及び応用科目群、コース科目群、特殊講義科目群、演習群の5つに科目群に区分します。

①基礎的科目群では、経営学の基礎となるべき知識を修得させるために、「経営学入門」、「会計学Ⅰ」を必修として配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

②発展及び応用科目群では、各学問領域における専門科目を4つの系統に分けます。マネジメント科目には、「企業論入門」、「経営組織論」、「企業論」等を、流通・マーケティング科目には、「流通総論」、「マーケティング論」等を、簿記会計科目には、「会計学Ⅱ」、「原価計算Ⅰ」等を、経済科目には、「日本経済のしくみ」、「ミクロ経済学」等をそれぞれ配置し専門的知識を体系的に修得します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/に強く関連します。

③コース科目群では、現代社会の具体的な問題解決を行い、各学問領域における専門知識を現場で応用できるよう、各コースで必要とされる専門科目を必修化し、それに関連する科目を学問系列ごとに分けて4つのコース科目を配置します。コース科目を希望する学生は、「ビジネスリーダーコース」、「ビジネスアカウンティングコース」、「企業人養成コース」、「ビジネスアスリートコース」を選択することができます。なお、コース科目で生まれた新たな関心・意欲に応え、幅広い学問領域における専門知識を体系的に修得するため、他のコース科目の履修を推奨します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)に強く関連します。

④特殊講義科目群では、現代の社会問題を経済学の視点で理解するため、「経営学特殊講義1~5」等の科目を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑤関連科目群では、教員免許取得に必要な科目やコミュニケーションスキルを養うための科目等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑥演習群では、これまで修得できた知識やスキルを統合するとともにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、課題発見力、課題解決力等を養成するため、「経営演習Ⅰ・Ⅱ」、「総合演習Ⅰ・Ⅱ」を配置し、学修の集大成として「卒業研究」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(3)特別教育科目では、学生の将来の進路を支援するために特別に置かれている科目です。「外国語特別教育プログラム」と「スポーツ特別教育科目」を体系的に配置します。本科目は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

国際関係学部
国際関係学科
本学科では、定められたディプロマ・ポリシーを達成するため、以下のように教育課程を編成します。

(1)共通教育科目では、教養教育を担うため全学部共通で設定しており、大学での学修の基礎となる知識やスキル、そして豊かな人間性と高い教養を身につけるべく、4つの科目群に区分します。

(2)専門教育科目では、専門教育科目を入門科目群、基幹科目群、展開科目群、コース科目群、特殊講義科目群、資格科目群、実務科目群、関連科目群、実習科目群、プロジェクト研究科目群に区分します。

①入門科目群では、国際関係学の基礎知識を修得させるために、「基礎セミナーⅠ~Ⅱ」、「国際関係学入門Ⅰ~Ⅱ」等を必修として配置します。またコースの入門科目及びコミュニケーション関連科目を選択科目として配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

②基幹科目群では、国際関係学の専門分野を理解するために、「国際政治学」、「国際経済学」等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/に強く関連します。

③展開科目群では、国際関係科目系と言語科目系に専門科目を分けます。国際関係科目系には、「アジア概論」、「国際関係史」等を、言語科目系には、「中国語会話」、「ビジネス中国語」をそれぞれ配置し専門的知識を体系的に修得します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/に強く関連します。

④コース科目群では、各学問領域における専門知識を現場で応用できるよう、専門科目を学問系列ごとに分けて4つのコース系科目として配置します。学生は4つのコース系「英語系」、「ハングル系」、「観光ビジネス系」「国際協力系」を選択することができます。なお、所属のコース科目で生まれた新たな関心・意欲に応え、幅広い学問領域における専門知識を体系的に修得するため、他のコース科目の履修を推奨します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)に強く関連します。

⑤特殊講義科目群では、現代の社会問題を学問の視点で理解するための科目「国際関係特殊講義Ⅰ~Ⅵ」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑥資格科目群では、資格取得に知識や技能を養うための科目「資格検定講座Ⅰ~Ⅵ」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑦実務科目群では、秘書実務等実践的なスキルを養うための科目「秘書実務」等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑧関連科目群では、教員免許取得に必要な科目やコミュニケーションスキルを養うための科目等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(技能・表現)に強く関連します。

⑨実習科目群では、学外での体験的な学習と実践する場として、海外での語学実習や国内外でのボランティア活動等を行う「海外語学実習」、「海外社会実習」、「国内社会実習」等を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

⑩プロジェクト研究科目群では、これまで修得できた知識やスキルを統合するとともにコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、課題発見力、課題解決力等を養成するため、必修科目として「プロジェクト研究入門Ⅰ・Ⅱ」、プロジェクト研究基礎Ⅰ・Ⅱ」を配置し、学修の集大成として「卒業プロジェクト研究」を配置します。本科目群は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

(3)特別教育科目では、学生の将来の進路を支援するために特別に置かれている科目です。「スポーツ特別教育科目」を体系的に配置します。本科目は、DP(知識・理解)/(思考・判断)/(関心・意欲・態度)/(技能・表現)に強く関連します。

大学院
法学研究科
法学研究科では、「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」に掲げる目標の達成のために、次のように教育課程編成を行います。

【教育内容】
研究者、高度専門職業人の養成という目的に応えるため、「企業関係科目」「行政関係科目」の多様な講義科目を用意します。また、企業政策研究科の講義科目の一部と単位修得の互換性を持たせて選択の幅を広げています。 これらの科目を学ぶことで高度専門職業人として必要な知識を修得することができます。

【教育方法】
法学研究科は社会人入学者が多く勤務後に受講するという実態も考慮し、夜間の時間帯にシフトした時間割としています。
履修登録時のガイダンスでは、法学研究科教務委員が法学研究科全体の説明を行い、各指導教員は体系的な履修となるよう指導した上で、学生がシラバスを検討して履修計画を立てます。また、大学院学生は研究者の一員であることも踏まえ、修士論文作成に当たり問題となる倫理上の問題について示します。
(修士論文)
修士論文の作成に当たっては、入学時に学生が作成した研究計画書を踏まえ、指導教員が各段階において各人の研究の進捗状況に合わせた指導を行います。また、後期当初には中間報告会を設けて学生全員が修士論文テーマの報告をし、最終的な修士論文完成に向けた動機付けを行います。
研究テーマについては文献の収集・読解を行うとともに、「演習」「研究指導」を通じて考察を深め、各人にとってライフワークとなる修士論文の作成につなげることができる。
修士論文作成の過程において、ガイダンスで示した修士論文作成の倫理を再度想起させ、文献の引用等で盗用その他不適切な行為がないよう具体的に指導します。
(院生アンケート)
前期終了時を目途として「法学研究科院生アンケート」(主として学修環境に係るもの)を実施、学生の意見を聴取したものを法学研究科教授会に諮り改善に資するようにします。
後期終了時を目途として「法学研究科授業評価アンケート」(個別の授業評価に係るもの)を実施、学生の意見を聴取したものを法学研究科教授会に諮るとともに各担当教員に回付して改善に資するようにします。
(特修プログラム)
「特修プログラム制度」を設け、本学法学部の学生で3年次に口述試験により選考された者は、4年次から学部の講義と並行して一定の範囲内で法学研究科の受講ができ、学部卒業とともに法学研究科に進む5年一貫プログラムを用意しています。

大学院
企業政策研究科
企業政策研究科では、「学位授与の方針」に掲げる目標の達成のために、「九州国際大学大学院企業政策研究科規則」第1条の2(研究科の目的)に、「企業実務と企業を取り巻く外部環境に関する専門の教育研究を行う」と規定されています。そのために、次のように教育課程編成を行います。
【教育内容】
高度専門職業人の養成という目的に応えるために、企業の主体的行動や組織の研究に関する「経営政策関係科目」、企業や組織の外部環境の研究に関する「企業環境関係科目」、基礎的な知識を修得するための「基礎的科目」、「研究指導A・B」、契約法や会社法等の「関連科目」を配置しています。これらの社会科学系科目を学ぶことで、専門的な企業実務能力を養成します。【教育方法】
基礎的科目の「企業政策研究」、「経営管理研究」を必修とすることで、自己の専門性の追求ととともに、企業政策に関わる学際的な視野を養成します。また、必修の「研究指導A・B」によって、自己の課題の研究成果を修士論文として完成させる能力を養成します。さらに、「経営政策演習A・B」または「企業環境演習A・B」のいずれかを選択必修とすることで、自己の研究課題を主体的に追求します。少人数教育による演習及び指導を中心とした教育を行います。
(評価)
提出された修士論文によって評価を行います。修士論文は、問題意識とテーマ設定、論理構成と論述の一貫性、研究方法や具体的分析、研究者としての倫理性、結論の妥当性等の多方面から質疑応答を含め公正かつ厳格に審査します。なお、「九州国際大学学位規則」第4条2で「修士論文を提出しようとする者は、課程修了予定の1年前までに、大学院学則第12条に定める授業科目について、20単位以上を修得しなければならない」と提出のための条件を定めています。また、修士論文の中間報告を義務付けています。

 

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

九州国際大学
(全体)
本学の建学の理念である「塾的精神」による人材養成を基本理念とし、学則第1条に定める北九州の地域に立脚し、国際的視野を持った理論・実践両面に明るい人材を養成することを目的としています。
本学の課程を修め、124単位の単位取得と必修等の条件を充たした上で、以下の項目を体系的に修得した者に学位を授与します。

【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②学位の専攻分野の専門的知識と技能を身につけている。
【思考・判断】
③幅広い教養と専門分野の知識から論理的に考える能力を修得しており、その知識を使って現代社会の問題を分析し考察することができる。

④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤現代社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、現代社会に貢献することができる。

⑥グループで協力しながら問題を解決する態度、生涯学び続け成長し続ける意欲を修得している。
【技能・表現】
⑦必要な情報を幅広く収集し、的確に整理・分析することができる。
⑧グローバル化した現代社会において、活躍できる高度なコミュニケーション能力を身につけている。

法学部
法律学科
【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②法律学の専門的知識及びその活用方法を身につけている。
【思考・判断】
③リーガルマインドに基づき、基礎的な法律の知識から論理的に考える能力を修得しており、その知識を使って現代社会の問題を分析し考察することができる。
④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤現代社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、現代社会に貢献することができる。

⑥グループで協力しながら問題を解決する態度、生涯学び続け成長し続ける意欲と態度を身につけている。
【技能・表現】
⑦自己の思考・判断のプロセス及び結果を他者にわかりやすくプレゼンテーションできる。
⑧良好な人間関係を構築するためのコミュニケーション能力を身につけている。

現代ビジネス学部 【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②学位の専攻分野の専門的知識と技能を身につけている。
【思考・判断】
③ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析し考察することができる。

④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤つねに学び続け,身につけた知識・技能を活かしてグローバル化した現代社会に貢献しようとする意欲をもっている。
⑥グローバル化した現代社会において,多様な人々と交流し協働することができる。

【技能・表現】
⑦必要な情報を幅広く収集し、的確に整理・分析することができる。
⑧グローバル化した現代社会において、活躍できる高度なコミュニケーション能力を身につけている。

現代ビジネス学部
地域経済学科
【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②経済学や経営学の専門的知識及びその活用方法を身につけている。
【思考・判断】
③ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析し考察することができる。

④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤地域社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、地域社会に貢献することができる。

⑥多様な人々との交流、連携、協働を通じて、社会人として成長し続ける意欲と態度を身につけている。
【技能・表現】
⑦自己の思考・判断のプロセス及び結果を他者にわかりやすくプレゼンテーションできる。
⑧良好な人間関係を構築するためのコミュニケーション能力を身につけている。

現代ビジネス学部
国際社会学科
【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②国際社会科学や異文化理解の専門的知識及びその活用方法を身につけている。
【思考・判断】
③ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析し考察することができる。

④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤現代社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、現代社会に貢献することができる。

⑥自ら課題を探求し、他者と協力しながら自律的、主体的に課題を解決するための意欲と職業的自律を図るための態度を身につけている。
【技能・表現】
⑦外国語で書かれた資料や書類を理解し、必要な情報を的確に読み取り討論や意見交換を行うことができる。
⑧国際コミュニケーションの手段として必要な、英語や韓国語を中心とした国際対話能力を身につけている。

経済学部
経済学科
【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②経済学の専門的知識及びその活用方法を身につけている。
【思考・判断】
③ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析し考察することができる。

④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤地域社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、地域社会に貢献することができる。

⑥多様な人々との交流、連携、協働を通じて、社会人として成長し続ける意欲と態度を身につけている。
【技能・表現】
⑦自己の思考・判断のプロセス及び結果を他者にわかりやすくプレゼンテーションできる。
⑧良好な人間関係を構築するためのコミュニケーション能力を身につけている。

経済学部
経営学科
【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②経営学の専門的知識及びその活用方法を身につけている。
【思考・判断】
③ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析し考察することができる。

④マネジメントの多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤地域社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、地域社会に貢献することができる。

⑥多様な人々との交流、連携、協働を通じて、社会人として成長し続ける意欲と態度を身につけている。
【技能・表現】
⑦自己の思考・判断のプロセス及び結果を他者にわかりやすくプレゼンテーションできる。
⑧良好な人間関係を構築するためのコミュニケーション能力を身につけている。

国際関係学部
国際関係学科
【知識・理解】
①人文社会自然科学を基礎とした幅広い教養を身につけている。
②国際関係学や異文化理解の専門的知識及びその活用方法を身につけている。
【思考・判断】
③ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析し考察することができる。

④現代社会の多様なフィールドにおける諸課題の解決に向けて、的確な学際的考察及び総合的判断ができる。
【関心・意欲・態度】
⑤現代社会の諸課題に対して自ら積極的に関心をもち続け、現代社会に貢献することができる。

⑥自ら課題を探求し、他者と協力しながら自律的、主体的に課題を解決するための意欲と職業的自律を図るための態度を身につけている。
【技能・表現】
⑦外国語で書かれた資料や書類を理解し、必要な情報を的確に読み取り討論や意見交換を行うことができる。
⑧国際コミュニケーションの手段として必要な、英語や韓国語を中心とした国際対話能力を身につけている。

大学院
法学研究科
本学の建学の精神である「塾的精神による人材養成」という基本理念の下、「九州国際大学大学院学則」第2条(大学院の目的)では「北九州の地域に立脚し、国際的視野をもった理論・実践両面に明るい人材を養成するために、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究め、もって文化の進展に寄与することを目的とする」とあり、同条を受けた「九州国際大学大学院法学研究科規則」第1条の2(研究科の目的)では「研究科は、大学院学則第2条の目的を達成するため、学修意欲に溢れる幅広い階層の者に対して理論研究の場を提供し、もって、社会の多方面で活躍しうる研究者、高度専門職業人を養成する」と規定しています。

このような方針を踏まえ、①法律・政治の分野における高度専門職業人として必要な知識を修得し活用できる、②法律・政治に関する研究テーマを自分のものとして修得し活用できる、③修得した高度専門的知識及び研究テーマに関する知識・考察を地域社会等に還元できるという能力を備えたか、法学研究科は次のような方法により審査し卒業認定・学位授与を行います。

修士(法学)の学位授与に当たっては、主査(指導教員)及び2名の副査から成る論文審査委員が、提出論文について、倫理問題を含め、問題意識、論述の一貫性、研究方法、結論の妥当性等の多方面から質疑応答を含め公正かつ厳格に審査します。この審査は学内において法学研究科教員に公開するとともに、最終的な合否判定は法学研究科教授会で行います。

修士論文作成の前提として、所定の講義科目より指導教員の担当する講義科目4単位、演習4単位及び研究指導4単位を含め、合計32単位以上を修得することが求められます。

大学院
企業政策研究科
本学の建学の精神である「塾的精神による人材養成」という基本理念の下、「九州国際大学大学院学則」第2条(大学院の目的)では「北九州の地域に立脚し、国際的視野をもった理論・実践両面に明るい人材を養成するために、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究め、もって文化の進展に寄与することを目的とする」とあり、同条を受けた「九州国際大学大学院企業政策研究科規則」第1条の2(研究科の目的)では「本研究科の人材養成の目的は、学部の実学教育の伝統を基礎に置き高度専門職業人、すなわち専門的な企業実務能力を備えた人材を養成すること」であるとしています。
これらをさらに具体化した以下の3項目を身につけて、所定の課程を修め、32単位の単位修得と必修等の条件を満たし、修士論文を提出して審査に合格したものに修士学位(企業政策)を授与します。

① 企業政策に関する学問の知、理論を修得し、活用できる。
② 現代経済社会における複雑な事柄を問題として把握し、簡単には答えの見出せない問題を解明していく能力を修得し、活用できる。
③ 経営政策および企業環境に関する専門知識を基礎に地域社会や国際社会に貢献する能力を修得し、活用できる。

修士論文の審査に当たっては、主査(指導教員)及び2名の副査から成る審査委員会が、提出論文について、問題意識とテーマ設定、論理構成と論述の一貫性、研究方法や具体的分析、研究者としての倫理性、結論の妥当性等の多方面から質疑応答を含め公正かつ厳格に審査します。この審査は学内において企業政策研究科教員に公開するとともに、最終的な合否判定は企業政策研究科教授会で行います。