学長より


西川 京子学長より皆様へのご挨拶

president

本学は1930年に「九州法学校」として設立され、創起80有余年を迎えた伝統校であり、現在3万8千人以上の卒業生が各地・各分野で活躍しています。本学における開学以来の“塾的精神”は、現在も教育のあり方として受け継がれており、地域社会に貢献する人材を養成すべく教育研究活動に尽力しています。今年度(2017年度)より、目まぐるしく変化する地域のニーズに対応すべく、グローバルな視点とローカルな視点を併せ持ち、国際社会や地域社会が抱える課題を発見・解決できる人材の養成を目指し、経済学部と国際関係学部を改組し「現代ビジネス学部」を新設、既存の法学部と合せて2学部・2大学院研究科(法学研究科、企業政策研究科)体制での新たなスタートを切りました。

本学では、各学部が掲げる教育ミッションを達成するため、11種類の専門的なコースを開設しています。論理的思考力と課題解決力を併せ持つジェネラリストの養成を目指す法学部には、警察官・消防士など公務員を目指す学生のための「リスクマネジメントコース」、資格取得を目指す学生のための「資格取得コース」、組織運営のスペシャリストを養成する「キャリアコース」の3つを設け、学生のニーズに合わせた教育を展開しています。地域経済学科と国際社会学科を擁する現代ビジネス学部には、地域経済学科に「経済コース」・「経営コース」・「地域づくりコース」・「観光ビジネスコース」・「スポーツマネジメントコース」の5つを、国際社会学科には「英語コース」「ハングルコース」「国際コース」の3つを設け、多様なフィールドで活躍する人材を育てています。

また、2013年度からは、新たな地域貢献の一環として、JR黒崎駅前の「コムシティ」2Fにサテライトキャンパス「九州国際大学地域連携センター(KiU-Com)」を開設。学生のみならず、社会人向けの教養講座などを開講し、新たな大学行事を展開しています。さらに、2014年度に開設された基礎教育センターでは、学生の基礎学力向上を目指した個別指導を実施しており、学生一人ひとりが勉強に打ち込める環境を整えています。2015年度から開始された「公務員塾」では、公務員希望の学生の夢実現をサポートしています。

このように、九州国際大学は、社会から学生を“本気で鍛える”大学として評価されるよう努力し、北九州地域の教育・研究の拠点としてその発展に貢献する学園づくりをめざしています。