国際コース


business_image153

国際社会を多面的に学び、
国内外で活躍する実践力を磨く。

時代を担う国際人に求められるもの。それは、国際社会を多面的に見る眼とコミュニケーション能力です。これを育むのが国際コースです。学びの基本は国際教養と言語をベースとした「異文化理解」と「多文化共生」。現地での体験をとおして世界を見渡せる視野を養い、新興国や発展途上国の現状や課題についても学びます。

こんな人を待っています。

○国内外で事業を展開している企業に就職したい。

○商社などで世界を飛び回る仕事をしたい。

○公務員として国際交流事業に携わりたい。

○NPOやNGO団体の活動に興味がある。

想定される職業

国内外で事業を展開している民間企業/商社/地域で多文化共生や国際交流に関わる公務員・自治体職員/NPO・NGO団体など

海外だけでなく、国内においてもさまざまな企業や事業体で、国際的な視野や語学力が必要とされる時代。本コースの学びは、さまざまな業界と職業につながっています。

習得できるチカラ

01

外国語運用能力とグローバルな視野で国際社会を見る眼

○ 英語とアジア言語(中国語、韓国語、インドネシア語) ○ 国際社会学 ◯ 国際関係論 など

PICK UPカリキュラム

国際社会学
食、労働、災害、移民、国籍などを事例に、グローバル化が社会に与えている影響を分析。「国境を超えた社会問題」が「自分の問題」であることを理解し、これからの社会のあり方について考察します。

02

海外市場を理解し、調査分析できる能力

◯ 国際マーケティング論 ◯ グローバル化時代と国際関係 ◯ 比較宗教論 など

PICK UPカリキュラム

国際マーケティング論
企業の海外進出に伴い、そのマーケティングも国際的、グローバル的展開を見せます。世界市場で活躍する有名な企業のマーケティング活動を研究し、その国際マーケティングのあり方を考えます。

03

異文化理解力と国際協力の知識・実践力

◯ 国際協力論 ◯ 異文化コミュニケーション論 ◯ カルチュラルスタディーズ など

PICK UPカリキュラム

国際協力論
世界と私たちのつながりを「国際協力」の視点から探究。多様な価値観を認めながら、世界を多角的に見る眼を養い、「地球人」としての生き方を考えます。

卒業研究・企業採用試験

卒業研究を仕上げ、国際的な視野や多文化共生の実践力を生かして、企業やNGO、NPOなどをめざします。

4年間の学び

【1年次】国際的視野を養う

英語に加えて、アジア言語(中国語、韓国語、インドネシア語の中から選択)の学習をスタート。国際的視野を養います。

【2年次】専門知識・理論を身につける

異文化理解を深め、多文化共生に必要な知識も学修。国際社会を政治・経済・社会・文化の側面から幅広く学んで専門性を高めます。

【3年次】より深い学びと実践

国際教養をさらに高めつつ、ゼミでプロジェクト運営や調査研究を推進。ビジネス現場で役立つスキルや、国際交流事業、国際協力事業などで役立つスキルも学びます。

【4年次】学びの集大成、卒業研究

選択したテーマをもとに、文献やフィールドワークなどを活用して卒論を作成します。

学びのPOINT

01

国際経験豊富な教員が、世界の現場を伝える。

国際社会学、国際マーケティング、国際協力、イスラム研究などを専門とする国際経験豊富な教員が指導。世界を見てきた彼らの眼と、異文化の現場で活動してきたそのハートにふれることで、ここでの学びがどのように結実し、どういう将来につながっていくのかを実感できます。

02

多文化都市・北九州で国際交流や調査研究を通して実践力を養成

外国出身者など多様な文化的背景を持つ人々と交流。相互理解を深め、暮らしやすい地域にするための調査活動も実施。多文化共生のあり方を体験的に学び、国内外で活躍するための実践力を磨きます。

03

多言語で多文化に触れる。海外実習・留学で異文化に挑む。

英語の他、中国語、韓国語、インドネシア語などのアジア言語が幅広く学べる環境を整備。さらに、海外実習や留学によって異文化理解と多文化共生に挑みます。