学部長メッセージ


グローバルとローカルのふたつの視点をもっている。経済、経営、国際社会、異文化に関する豊かな知識と素養をもっている。そのうえで、語学も含めた高いコミュニケーション能力を備え、現場に根ざした実践力でビジネスシーンを牽引していく。現代ビジネス学部が育てたいのは、そんな人材です。
地域で活躍するための地域経済学科には、「経済」「経営」「地域づくり」「観光ビジネス」「スポーツマネジメント」の5コースを設け、よりグローバルな視点で学ぶ国際社会学科には、「英語」「ハングル」「国際」の3コースを設置。いずれも、座学だけでなく、学生が地域の現場に出かけ、あるいは海外の異文化の真っ只中に飛びこみ、「自らの眼で見て、頭で考え、課題に挑む」という体験を学びの柱としています。
「地域に欠かせない人材」とは、何か。「次代を担う真の国際人」とは、どういうスキルをもち、どのような人格であるべきなのか。学生一人ひとりがここで学び、成長していくなかで、その答えを実社会というステージに提示してほしい。私は、そう願っています。

現代ビジネス学部長 野村 政修


 

現代ビジネス学部のアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

1.大学での学びや体験を通じて人格を陶冶し、社会に貢献したいと考える学生を受け入れる。
2.現代社会や地元の地域社会における諸問題に関心を持つ学生を受け入れる。
3.教養を身につけ、自ら成長をしようする意思を持つ学生を受け入れる。

 

現代ビジネス学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

1.国際社会や日本の地域社会が抱えている諸課題を発見・分析し、グローバルな視点とローカルな視点から解決策を構想し、実践するに十分な知識と素養を身につけさせる。
2.講義だけでなく、実習、アクティブラーニング型の授業、PBL型の授業を取り入れることにより、課題発見力やプレゼンテーション能力を錬成し、他者を思いやることのできるコミュニケーション能力を身につけさせる。
3.専門科目群には人材像に沿った学修が体型的に可能となるよう人材育成別にコース科目を配置し、履修モデルを構築する。

 

現代ビジネス学部のディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

1.ローカルな視点とグローバルな視点を併せ持ち、現代の経済、社会、文化について論理的に考えて分析する知識と素養を身につけている。
2.グローバル化した世界において異なる社会や文化に生きる人々を理解し、他者を思いやることのできるコミュニケーション能力を身につけている。
3.多様な人々との交流、連携、協働を通じて、社会人として成長し、地域社会に貢献する力を身につけている。