経済学部トップ

九州国際大学経済学部では、2015年度より、新たに経済学科・経営学科共通の「企業人養成コース」、「ビジネスアスリートコース」がスタートします。
ビジネスの現場で活躍できる人材の育成を目指す「企業人養成コース」では、ビジネス社会で必須の基礎的教養やマナー、環境変化に適切に対処する応用力の基盤となりうる経済学・経営学の専門的知識を学びます。
「ビジネスアスリートコース」は、スポーツビジネスの企画・経営を通じて地域に貢献できる人材の育成を目指します。ビジネスマナーや経済学・経営学の基礎知識だけでなく、スポーツの現場での実践や体験によって経営的手法を修得します。


問題発見能力とその解決能力の養成が、経済学部の目指す教育です。

経済学部は現代の経済活動と企業経営をさまざまな理論や手法を通して習得する環境を整えています。
さらに、日本経済の国際化・情報化に対応した「グローバルな動きが理解できる」、「コンピュータを駆使して仕事ができる」教育や、ゼミナールを中心とした、教員と学生そして学生相互の"顔が見える"少人数教育。
そして、専門知識を学ぶだけでなく、「読む、聞く、書く、話す」という、いわば社会力を養う教育を実践し、真に社会で活躍できる人材の育成に努めています。


学びたいことに出会える学科

経済学部は、経済学科と経営学科の2学科から構成され、社会に貢献できる人づくりをすすめています。

経済学科
経済学というと利益の追求を目指すものと思われがちですが、もともとは経済活動の効率化を通じて、人を幸せにすることを目的とした学問です。そのため経済学科では、国際的な視野で経済を理解するのに必要な知識を持ち、それを活かす方法までを提案できる人材を育てていきます。また「地域づくりコース」では、地元の企業や地方公務員としてふるさとの活性化に寄与する人を育てます。
経営学科
売れる商品を開発するためには、生活者が何を求めているかを知らなければなりません。このように"人"を中心にして、組織や企業活動を考えていく学科です。マーケティングや会計学、経営管理など実践力になるカリキュラムが満載です。